KBA 電動式

アルミリップ付きコーハンデッキボード

機体幅:1500~2000mm / 機体長:2000〜3000mm / 通過荷重:6000〜9000kg

KBA電動式の特徴

分割構造で破損の場合も部分的な修理が可能!
左右に設置したサイドスカートにより未然に事故を防ぐ安心設計

自動化も可能な便利な電動式。 スイッチをセットすることにより、トラックを積込口に接車するだけで作動する、自動化にすることもできます。
また、押ボタンスイッチのワンタッチ操作による、自動化も可能です。
積み荷重量の違いによる。
高低差や傾斜にも素早く対応。
トラックの積み荷重量の変化によって生じる荷台の高低変化や、偏荷重などによって起こるトラック荷台の左右への傾斜に対しても、先端のリップが荷台の動きにスムーズに同調。
破損したリップを取り替えるだけで済むため経済的。 先端アルミリップは約250mm幅の独立したプレートの組み合わせでできていますから、万が一リップが破損しても、その箇所のリップを替えるだけで結構です。
大型車から小型車までOK。 先端のアルミリップは、上記のように独立したプレートの組み合わせでできていますので、使用時に応じて最適幅を選択することができます。
例えば幅の小さい小型車の場合はリップ枚数を減らし、大型車の場合は全部を使うというように、トラックの荷台の幅サイズに対応することができるのです。
停電しても、作業は継続。 油圧マティックが作動しなくても手動操作で使用できますので、停電時にも作業を中断する心配が全くありません。
安心な左右のサイドスカート。 デッキボードの左右にはサイドスカートが装備されていますから、作業中に荷物がピット内に落ちたり、作業員の足先がピット内に入ることのない安心設計です。

使用方法

KBA電動式の使用方法
  • 本体にある押ボタンスイッチを押しますと、デッキボードが上昇を開始します。
  • 同時に、折りたたまれていたリップが自動的に反転し、トラック荷台にはし渡しされます。
  • 作業終了後押ボタンスイッチを押すと、デッキボードは自動的に上昇しリップがふたたび折りたたまれ、プラットホームと水平の状態に戻ります。
    又、トラックがホームから離れると同様に収納動作が進行します。

詳しい操作方法はコチラ

寸 法

呼び
Machine type
機体巾( mm )
Machine body width
機体長( mm )
Machine body length
通過荷量( kg )
Weight capacity
昇り勾配( mm )
Up gradient
下り勾配( mm )
Down gradient
電動機容量
Moter
1,5002,0006,0002702806.5°200V
0.4kW
4P
50,60Hz
2,500330
3,000400
1,7502,0006,0002706.5°
2,500330
3,000400
2,0002,0009,0002706.5°
2,500330
3,000400

注:上記以外、機体巾2,000〜2,200もオプションにて製作致しますので、詳しくは当社担当者までご相談ください。

Note:We can prodnceche machine body width 2,000mm〜2,200mm size as option.please ask.

ピット寸法Pit size
機種型式A( mm )B( mm )H( mm )X( mm )Y( mm )
201,6102,120710 +10
710 - 0
400300
252,620
303,120
201,8602,120500
252,620
303,120
202,1102,120600
252,620
303,120

操作方法

  • KBA 電動式の操作方法

    トラックのアオリを開けて、所定の停止位置にトラックを停車させて下さい。
    トラックが移動しない様に、サイドブレーキと車の歯止め等の安全対策を行って下さい。

  • KBA 電動式の操作方法

    コーハンデッキボードの床面に操作スイッチがありますので、ONのスイッチを押して下さい。

  • KBA 電動式の操作方法

    ONのスイッチを押すと、本体は上昇して行きます。

  • KBA 電動式の操作方法

    上限にて、先端部のリップが回転をしてアルミの部分が飛び出た様になります。
    そして、本体は自重下降を行います。

  • KBA 電動式の操作方法

    自重下降にて、本体はトラックの荷台へ接地します。
    これで荷作業が開始出来ます。

  • KBA 電動式の操作方法

    荷作業終了後、再び床面の操作スイッチのONのスイッチを押して下さい。

  • KBA 電動式の操作方法

    再び本体は上昇して行きます。

  • KBA 電動式の操作方法

    上限にて、先端リップが回転をしてアルミリップ部は収納されます。
    そして、本体は自重下降を行います。

  • KBA 電動式の操作方法

    自重下降をして水平位置にてストッパーが働き、ホームと同じレベルになります。
    トラックの車輪の歯止め等を外して全ての作業は終了です。

 お問い合わせはコチラ

© Elevator maintenance inc. All Rights Reserved.